不動産投資コラム

借入金で建物を購入!それによって生み出される節税効果とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

不動産を購入する場合、自己資金を投入するのか借入をするのか、ということを決める必要がありますが、節税のことを考えるのであれば、借入をしたほうがお得になる場合があります。では、借入金で建物を購入すると、どのような節税効果が得られるのでしょうか?

建物購入にかかる借入金の利子は損金算入できる

不動産投資をするにあたっては修繕費や減価償却費など必要経費に算入することができるものがいくつかありますが、その一つに「建物購入にかかる借入金の返済に伴う利子」があります。

つまり借入をして投資対象の不動産を購入した場合、その借入金の返済に伴って発生する利子については必要経費として損金算入することができるというわけですね。

また金利分を経費として差し引いた結果総所得金額が赤字になる場合は、税の還付を受けられる可能性があります。

 

土地と建物を同時購入する場合は注意が必要

不動産を購入するための借入金返済に伴う利子ですが、購入対象が土地なのか建物なのかということによって、必要経費に算入できるかどうかが変わってくることがあります。というのも建物購入にかかる借入金の利子については問答無用で必要経費に算入することができるのですが、土地購入にかかる借入金の利子については、損益通算できないことがあるのです。

 

同じ借入をする場合でも税務上は、

 

●土地の購入資金と建物の購入資金が明確に区別できる場合

…土地を購入するための借入金にかかる利子、建物を購入するための借入金にかかる利子がそれぞれ別々に認識される。

●借入が、土地購入のためのものなのか建物購入のためのものなのか明確に区別できない場合

…借入金は、まず建物を購入するための資金に充当されたとみなし、残りの部分は土地購入のための借入金として扱われる。

 

これをもとに以下のようなケースを想定してみると…

<自己資金6,000万円、借入金4,000万円で土地建物を一括購入>

【ケース1】
土地4,000万円、建物6,000万円

【ケース2】
土地7,000万円、建物3,000万円

【ケース1】の場合は借入金4,000万円は全て建物の購入資金に充てられたとみなされるため利子全てを必要経費に算入することができますが、【ケース2】の場合は、借入金4,000万円から建物の購入資金3,000万円を差し引いた1,000万円については、その利子を損益通算できなくなる可能性が出てくるのです。

そのため借入をして土地と建物を同時に購入する場合は、こういった点にも注意をする必要があります。

まとめ

いかがでしたか?
不動産投資の一番の醍醐味は融資を受けることによってレバレッジが使えることですが、使いようによっては節税にもなるのです。上記のことはその一例ですが、詳しくはやはり専門家の指導を受けながら実践することが大事ですね。
参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る