4/13(土)セミナー。現役投資家社長から学ぶ投資の第一歩!自己資金2000万円を20億円規模まで育てる「正しい不動産投資法」の3つのカギとは?

弊社代表の渡邉が皆様に、投資規模を極限まで拡大する秘訣をお伝えします。

まずはこちらをご覧ください。



これは過去に開催したセミナーへご参加いただいた皆様からの感想です。

大変ご好評いただいておりまして、弊社主催セミナーの質の高さをお分かりいただけると思います。

■弊社が考える「正しい不動産投資」

ご存知でしょうか?
世界中を見渡しても一般的な年収の方が、低金利・長期返済で1億円以上の融資を受けられる国は、日本だけであることを。

日本経済がどん底を迎えた民主党政権時代から自民党に政権が移り、アベノミクスが始まったのが2012年。このアベノミクスの影響で不動産の価格は上がり続けていますが、これはすなわち、この5年間、融資が拡大し続けていることを意味します。

つまり、今の日本では、融資をできる限り獲得して、できる限り資産規模を拡大していくのが正解となっています。

■あなたは規模拡大できていますか?

弊社は日々、たくさんの投資家さん達から、さまざまなご相談をお受けしますが、皆様の悩みの共通点の一つとして、

「規模を拡大したいけど、どうしたらよいか?」

というのがあげられます。
この世界にまれにみる融資状況を利用しない手はないのですが、残念ながらほとんどの方が「間違った投資の仕方」をしているため、この「世界的にも有利な融資状況」を活かせずに、3億~5億円くらいの融資で限界を迎えてしまっているのです。

融資を拡大していくために必要なことは、

たったの3つです。●●と××と△△です。

この3つの原則を知らずに投資を開始してしまい、取り返しのつかない、あるいは、長い回り道を強いられる方が非常に多いのが現状です。

■最近のご購入事例

弊社の物件選定およびコンサルティングの結果、最近ご購入いただいた物件の実例をいくつかご紹介したいと思います。

事例1. 築9年鉄筋コンクリート造・札幌(1億5200万円)

都内にお住いの個人事業主の方が購入されました。
年間家賃は1,212万円で、年間返済額は527万円です。
手出し資金としては1000万円くらいで収まりました。

事例2. 築6年鉄筋コンクリート造・札幌(2億5500万円)

都内にお住いの個人事業主の方が購入されました。
年間家賃は1,990万円で、年間返済額は818万円です。
手出し資金としては3000万円くらいで収まりました。

事例3. 築7年鉄筋コンクリート造・札幌(1億1000万円)


都内にお住いの外資系サラリーマンの方が購入されました。
年間家賃は894万円で、年間返済額は417万円です。
手出し資金としては750万円くらいで収まりました。

規模拡大を目指す方は、ぜひこのような、銀行が喜んで融資をしてくれて、しっかりとキャッシュフローが残っていく物件を購入してください。

■現役の投資家でもある原宿不動産社長がお話しします。

原宿不動産は、もともとサラリーマン大家さんであった渡邉が、不動産投資で十分なキャッシュフローを達成し、サラリーマンをリタイヤメント後に立ち上げた会社です。

多忙なサラリーマン生活を続けながら、自身の投資額が20億円を超える規模まで成長させることができました。

そんな渡邉がこれから不動産投資を始める方、規模拡大を目指したいが伸び悩んでいる方にヒントとなるよう「実践に基づいたお話」を余すところなくお伝えしようと思います。

  • 不動産投資として大事な基本姿勢
  • 規模拡大に向けた3つのポイント
  • 不動産の買い時売り時
  • みなさんが陥りやすいワナとはなにか?

これらにピンッと来た方は、ぜひ、下記のリンクよりご応募ください。

■セミナー開催要項

日時 2019年4月13日(土)10:00~ 、 14:00~

場所 東京都渋谷区神宮前4-3-15 東京セントラル表参道 ●●号室

参加料 無料

▼お申し込みはこちらから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号 (必須)

ご希望の日程

ご希望のお時間枠

ご参加希望人数 (必須)

ご希望・お問い合わせ等

今後、物件情報速報サービスを利用する